ウーマンズ・ワークライフの理念とは

ウーマンズ・ワークライフは社会に提案します~女性の活躍で日本再生へ。女性の活躍により、GDPが16%上昇~

超少子高齢化社会に突入した日本人口は、35年後の2048年に1億人を切ると予測され、当然ながら労働人口も減り続けます。新たな働き手としてシルバー層や外国人、女性などが期待されますが、日本企業で働き手の4割を女性が占めておりもっとも期待できる働き手は「女性」なのです。

2011年アジア太平洋経済協力会議でヒラリー米国務長官は「日本は女性の活躍による経済社会の活性化により、GDPが16%上昇する余地がある」との調査結果を発表しました。 日本政府も働く女性の支援を成長戦略の柱としました。

  • 女性がいきいきと働きながら、子育ても両立できる社会。
  • 女性の子育てを社会全体でサポートできる社会。

それが日本の成長と「豊かさ」への道だとウーマンズ・ワークライフは考えています。

ウーマンズ・ワークライフは企業・団体を支援します~女性に新たなステージを。経営改革で「女性に選ばれる企業に」~

人口減少社会でも優れた労働力を確保できる組織とは、女性が働きやすく「ワークライフバランス」のとれた、ダイバーシティな企業・団体です。女性が活躍する組織には革新の風土が育ち、その結果として収益性や生産性が高まり、競争力においても優位に立つと考えています。

つまり女性支援施策を福利厚生や法令遵守ではなく「企業の競争優位確保としての人事戦略」へと発想を転換すべきなのです。結婚しても出産しても、介護でも仕事は諦めない、そんな意識の高い女性がふえています。

ウーマンズ・ワークライフは、働く女性と企業の間に立ち、 時代の一歩先を行く、女性に選ばれる企業、団体のありかたを提案します。

ウーマンズ・ワークライフは女性を応援します~「出産・育児・介護」しながら、豊かに働ける人生をサポートします~

出産し、子育てをすることは女性の大きな喜びですが、さまざまな苦労や壁が立ちはだかります。
今は、社会全体で子育てをサポートする時代なのです。ウーマンズ・ワークライフは、結婚しても出産しても、介護でも働くことを諦めない女性を応援します。

  • 結婚もしたい。
  • 子供も生みたい。
  • 仕事も続けたい。
  • 自分の時間もほしい。
  • そしてできることなら、常に美しく綺麗でありたい。
  • できることなら、少し「賢く」子育て、自分育てをしてみたい。

そんな女性の「想い」を小さくても形にしながら、「新しい女性のライフスタイル」を創造することが職場の活性化につながり、子どもや男性をふくむ社会全体に「豊かさ」をもたらすとウーマンズ・ワークライフは考えています。

ウーマンズワークライフ ブログ

お問い合わせ・資料請求

本サイトに関するお問い合わせ、資料請求はこちらから。

お問い合わせフォームへ

無料育休復帰プログラム e-ラーニング

無料プレゼント

メールマガジン

1人でも多くの女性が、よりよいワークライフを過ごせる日本になるために。そして企業・団体が共に発展していくための情報を提供いたします。

登録はこちら

働く女性、ママへ

ウーマンズ・ワークライフは、働きたい女性や子育てママをサポートします。
女性が社会で活躍できるステージを提供するために、あなたの声を子育てポータルサイト「ママココ大阪」に届けてください。

大阪限定!子育てママの情報サイト ママココ大阪

ママココ大阪Facebook